食品

【珈琲】コーヒー中毒の人にドルチェグストをおすすめする3つの理由

投稿日:

エスプレッソマシンが安価で入手できるようになり、家庭でも手軽にコーヒーを楽しめるようになった。
エスプレッソマシンはなんとなく敷居が高く感じる人も多いが、現在市販されているマシンは簡単に楽しめるものも多く、今回紹介する「ドルチェグスト」はその筆頭である。

ドルチェグストは使えば使うほど生活に馴染んでいく。

今回はなぜドルチェグストをおすすめするのかを考えてみた。

1.誰でも簡単に楽しめる

kazoku

子供でもお年寄りでも楽しめることは、機種を選ぶ点で大きなポイントとなる。

コーヒーを楽しみたい人は、専門的な知識を持つとは限らない。
コーヒーの味や風味は、豆の種類やお湯の温度、蒸らし時間や温度・湿度などによっても大きく変わるとのこと。プロである喫茶店のマスターであっても、いつでも均一の味に淹れることはできない。

その点ドルチェグストは、目盛りを設定してレバーを倒すだけで、誰でも均一に同じ味を出すことができる。
コーヒーの種類も「ローストブレンド」「エスプレッソ」など、分かりやすく表示されており、迷わずに選ぶことができる。

ドルチェグストは覚える要素が少なく、おいしいコーヒーを誰でも簡単に淹れることができるのがおすすめする理由のひとつである。

 

2.様々なメニューを楽しめる


類似のエスプレッソマシンの場合、ほとんどはミルク系メニューは作れないため、別途ミルク泡立て機を購入する必要がある。
さらに、コーヒー以外のミルク系メニューは作ることができない場合がほとんどである。

ドルチェグストは、業界でもほぼ唯一様々なドリンクメニューを展開しており、セットするカプセルを変えるだけでメニューを変えることが可能。
さらに、ミルク系メニューも豊富で、ミルクカプセルを使用することでふわふわの泡立ちミルクを数秒で淹れることができる。

ブラックに限らず、ミルク入りのコーヒーを楽しみたい人には、最適な選択肢となる。

 

リンク:カプセルメニューバリエーション

 

3.手軽にコーヒーを楽しめる

coffeekurema

ドルチェグストをおすすめする最大の理由は、手軽に飲めることである。

どんなに忙しい朝であっても、ほんの1分あれば淹れたてのコーヒーが楽しめる。
淹れるときは電源を入れ、カプセルをセットし、レバーを倒すだけ。
片付けは使用済みカプセルを捨てるだけ。
時々水の補充や下皿の掃除は必要であるが、毎回の負担は限りなく少ない。

同社の上位品にネスプレッソがあるが、「カプセルの種類と値段の違い」と「メンテナンスの手間」の2つにおいて差がある。
ネスプレッソはコーヒー豆に豊富な種類があり、味も圧倒的であるが、1カプセルの単価が20~40円程度高い。
ミルクメニューを作れるラティシマシリーズもありこちらも味は圧倒的であるが、牛乳は別途用意する必要があり、毎回蒸気の噴射と部品清掃の手間が発生する。

ネスプレッソは休日にゆっくり飲むコーヒーとしては高ポイントだが、コーヒーをほぼ毎日飲むという人には少し敷居が高い。
その点ドルチェグストは普段使いに優れており、生活に馴染む使用頻度の高いマシンになることは間違いない。

 

リンク:ネスカフェ ドルチェグスト

-食品
-,

Copyright© 蒼のモノリス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.