【今日のトリビア】ヘリコプターは上空でプロペラのエンジンが故障しても墜落しない

ヘリコプターは、エンジンが止まっても回転翼の角度を調整することで空気をブレーキにして安全に降下することが可能。
t0201

ヘリコプターは通常、下方向に強力な風を起こすことで揚力を得るが、緊急時には回転翼が地面と平行になるようにすることで、空気抵抗を利用してゆっくり降下することができる。

参考:ベルヌーイ定理運動の第3法則

プロのパイロットやインストラクターは、このテクニックは全員習得しており、500m以上上空であれば安全に降下できるとのこと。

動画ではより詳しく解説されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です