雑学・トリビア

【今日のトリビア】南極には、52円でハガキが送れる

投稿日:

南極の昭和基地には、年に一度船の定期便があり、ハガキや手紙を送ることができる。
料金は、国内同一料金で届けることができる。

1年に1度だけのアクセスで昭和基地を支える

「しらせ」船内郵便局

「しらせ」と「昭和基地」には郵便局があり、郵便物に記念のスタンプの押印の依頼ができる。年に1往復しかしないため、年に一度「しらせ」が出航する直前に受け付けられる。以下の住所に郵便物を投函する。

〒100-8799
東京都千代田区丸の内2丁目7-2
東京中央郵便局気付
「しらせ船内郵便局」しらせ宛
「昭和基地内郵便局」昭和基地宛

せっかくの機会を逃さないために、郵便局に問い合わせるか、日本郵政のホームページを見て確認してから出してみよう。

南極サイエンス基地

現在のしらせは2代目であり、2009年に就役した。南極に足を踏み入れた最初の日本人である白瀬矗(しらせ のぶ)から、「しらせ」と命名されている。

812e0446e753bb067466ee953fcc0a59_s

南極を知るうえでおすすめの映画は「南極料理人」。
南極の過酷な環境と南極隊員の仕事がよくわかる映画となっている。

-雑学・トリビア
-, ,

Copyright© 蒼のモノリス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.