【今日のトリビア】細菌感染の疑いがある水は、6時間あれば飲める

発展途上国では不衛生な水による細菌感染によって、毎年何百万人もの尊い命が失われている。

「SODIS」としてWHOが発展途上国に推奨している方法は、感染する疑いのある水を透明なペットボトルに満たし、日中に6時間太陽光を当てるだけで、紫外線があらゆる細菌を消毒して水が飲めるようになるとのこと。

915c688b4dec02301eadf0efe9806090_s

参考:The Knowledge: How to Rebuild Civilization in the Aftermath of a Cataclysm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です