紹介

【紹介】あなたがコメント交流サークルに入るべき3つの理由

投稿日:

私自身はtwitterやFacebookなどのSNSを行っておらず、このブログは開設したばかりということもあり、2016年5月現在のアクセスのほとんどはブロガー用SNS「ブログサークル」からとなっている。

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s

そんな私は、ブログサークルで2つのサークルを主催している。

ひとつは、【非公式】コメント交流サークル
もうひとつは、【非公式】相互リンク・相互RSSサークルである。

 

2-2 【非公式】コメント交流サークル
コメント交流をメインとして設立。特に制約なく誰でも入会可能。
ターゲットが広く、デメリットがないのも特徴。
ブロガーSNS「ブログサークル」の利点のひとつ「コメント」を積極的に活用するのが目的のサークル。
2-3 【非公式】相互リンク・相互RSSサークル
相互リンクや相互RSSを目的として設立。こちらも特に入会の制約はない。
ターゲットは広いものの、コピペブログは比較的不向き。
具体的な手段を提示してアクセス流入増加を狙うサークル。

 

【非公式】相互リンク・相互RSSサークルは好評であり、設立後わずか3週間で人気サークル1ページ目入り。
ここでも多くの人の交流が生まれつつある。

しかし、私が本当に推したいサークルは、実は【非公式】コメント交流サークルのほうである。

その理由は、次の3つ。

 

1.ブログ記事のフィードバック

フィードバックとは、ここではブログ記事の読者の反応を製作者に返し、記事訂正やブログの記事の方向性を決定付ける「反省会」のようなものである。
ブログ記事へ直接コメントされる機会は少ないため、自分の記事の出来やどういった記事の反応が良いかは得られにくい。
記事に積極的にコメントしてくれる人が増えれば、自分自身のブログの記事がどう間違っているか、どうすれば反応の良い記事を書けるのかが見えてきやすい。
【非公式】コメント交流サークルは、参加者同士の積極的なコメントを生み出し、読者の反応を得る機会を増やすのに最適なサークルである。

2.モチベーションの増進

毎日ブログを続けるのに有効な手段は、「記事を人に見てもらうのが楽しみ」になれば良いということ。
人の目に触れる機会が増えることは、単純にアクセスアップだけではなく、継続的な記事製作のモチベーションに直結する。
結局、誰にも興味を持たれずに誰にも知られないままひっそりと埋もれていくブログは多く、ブログを途中でやめてしまう大きな要因であることは間違いない。

3.他人のブログに興味をもつ

コメントを書くには、自分のことだけ書いていればいいわけではない。
そうすると、他人の記事を読むようになり、他人のブログに興味をもつ。
実際に、私もほかの人のブログに訪れ、ぜひ紹介したいと思ったブログは記事上で紹介している。

【紹介記事】強烈なインパクト似顔絵を安価で製作する福田アキヒトさん
【紹介】サイトへ簡単に投票システムを組み込むVoteHub
【紹介】マツイ先生の課外授業①「いじめはどうしていけないのか」

他のブロガーとつながり、お互いの強みを活かして協力し合う。
これは、ブログサークルならではの活用法ではないかと思う。


つながりを求めてブログサークルに登録した人は、ぜひ積極的に動いてみてほしい。
そのきっかけを【非公式】コメント交流サークルが果たせれば、とてもうれしい。

 

リンク:【非公式】コメント交流サークル

 

-紹介
-

Copyright© 蒼のモノリス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.