【今日のトリビア】日本で最も短い川の長さは、13.5m

和歌山県にある「ぶつぶつ川」は、法で指定された河川としては最短の13.5mしかない。
ぶつぶつ川は水源から粉白川へ流れ込む河川で、湧水は古くから住民に使われてきたとのこと。

ぶつぶつ川 | 南紀勝浦温泉旅館組合より
ぶつぶつ川 | 南紀勝浦温泉旅館組合より

 

ぶつぶつ川の名前の由来は、沸々と湧き上がる水の様子から。
古くから「ぶつぶつ川」の名前で近隣住民に親しまれてきた。

 

ちなみに和歌山県には日本最長の二級河川「日高川」(127km)もある。

 

参考:図説 日本の河川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です