【今日のトリビア】霜柱のような島がある

bedf131a

スタファ島(スコットランド)にあるフィンガルの洞窟は六角柱状の柱状節理で形成されており、まるで霜柱の洞窟になっている。
柱状節理は高温の溶岩が冷える過程で、六角形の割れ目が生じるためにできる。

ひふみ神示黎明編より引用
ひふみ神示黎明編より引用

 

フィンガルの洞窟は、スコットランド・ナショナル・トラストが所有する自然保護区の一部、スコットランドのインナー・ヘブリディーズ群島の無人島であるスタファ島に存在する海食洞である。 全体に六角柱状の柱状節理が発達した玄武岩中に形成されている。同じく古い溶岩流に発達した北アイルランドのジャイアンツ・コーズウェーの柱状節理(世界遺産)と構造的に同じものである。
柱状節理は高温の溶岩が冷える過程で、六角形の割れ目が生じるためにできる(泥が乾燥するときに縮みながら割れるのと似ている)。溶岩塊が冷えて縮むにつれ、ひび割れが表面から徐々に溶岩内部に伸び、六角形の柱群を形成する。これが後に波浪の浸食を受けて形成された洞窟地形である。

Wikipedia

 

リンク:神々がいたずらしたような柱だらけの景観、スタファ島のフィンガルの洞窟…スコットランド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です