【情報】儲かるアフィリエイトブログをつくるために必要な4つの要素

儲かるアフィリエイトブログを作るのに必要な4要素は、どのジャンルのアフィリエイトにおいてもほぼ共通している。
そして、必ず4要素のうち、いずれか最低1つが優れていなければ収入どころかアクセス数自体見込めない。

実際に、私が以下の4要素を意識して試験的に製作したブログは、半年間まったく更新していないにも関わらず月1万アクセスあり、月約7千円の収入を生み出している。

これら4要素をできる限り多く取り込んだブログを作ることこそ、儲かるアフィリエイトを作るための条件となる。

(1)新規性

149866c6b779ed2b6cfa92f61f68bf1d_s
自ら新しいジャンルを作り出すことは、有効な手段のひとつである。
インターネットは10年前の約7000倍の情報量となっているが、まだまだ開拓されていない情報分野も多い。
インターネット検索においてあるワードを検索したとき、自分のサイト以外にほとんどヒットしなければ当然アクセスは増加する。
それが有益な情報であればあるほど、サイトの価値は今後上昇し続けていくことだろう。

新規性を重視したブログとは、たとえばこんな記事である。
【レトルトラーメン道】さっぽろ一番味噌ラーメン+グリーンカレー

新規性のみを得意とするブログは、ジャンルが確立すれば強いものの、序盤のアクセスは苦戦することが多い。
根気強くコンテンツを生み出し続ける必要はあるが、当たると大きいのも特徴である。

(2)独自性

f649454ca8816d33543843ca9756f9f4_s
すでに確立されたジャンルであっても、独自性が強ければ問題ない。
知名度の低い分野に該当する場合が多いものの、すでに知名度の高い分野であっても大いにチャンスがある。

たとえば、「(あるお取り寄せ調味料)を使ったレシピブログ」を用意する。
一見よくある料理レシピブログであるが、その料理レシピブログにはすべて「あるお取り寄せ調味料」が使われているというもの。
そのお取り寄せ調味料は、通信販売でしか買えないもので、自ブログに貼り付けた広告から買えるように誘導すれば、アクセス数に比して購入率は上がり、収入に結びつくことだろう。

(3)優位性

e66b439ff9fb174bdcad331d140d7a1e_s
これは、既存の類似サイトと比較したときに圧倒的な優位性を誇るものであれば、アクセス数とリピート率が上がるというもの。

たとえば、「(あるお取り寄せ調味料)を使ったレシピブログ」が既存で存在している場合、「5分でできる(あるお取り寄せ調味料)を使ったレシピブログ」を作ることができれば、後者のほうに人気が出る。

ライバルに差を付けるためのブログタイトル・記事内容が求められるためかなり深く考える必要があるものの、既存分野に挑戦できることから収益に最もつながりやすく、早く成果に結びつくケースが多いのも特徴である。

その好例は次のブログである。
元教師が教える思春期の子どもへの接し方のコツ

元教師という強力なアドバンテージがあり、教師にしか分からない情報が掲載されている。
今後自著の電子書籍等を作成し記事内で誘導することで、大規模な収益をもたらすブログになり得る代表例である。

(4)市場性

61d2c9bb5f7e0a8f07e5dc56dcbe3509_s
上記3点を無視できるほど市場規模が大きく、「とりあえずその情報を出しておけばアクセスが上がる」というコンテンツブログを作ることができれば、収入に結びつきやすい。

ただし、近年はブログ・サイト構築の敷居が下がっており、誰でも作れるようになってしまったことから、情報被りが激しく新規参入ではアクセスを稼ぎにくい。
上記3点を組み合わせなければ、あまたの情報の海に埋没してしまう可能性が高いだろう。

逆にいうと、市場規模が小さすぎるジャンルのブログでは収益を出すことはできない。
また、せっかくの市場性のある情報であっても、アフィリエイトに結びつけることができなければ意味がない。アフィリエイトサイトにおいて、その商材を本当に取り扱っているのか、良い評価をもらっているのかを再確認したほうが良いだろう。


アフィリエイトを貼っていても成果が出ていない人は、一度以上4要素を確認してみたほうが良いかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加