【今日のトリビア】○○○になることで子孫を残す植物が存在する

植物の中には、意外な方法で子孫を残す種が存在する。
オーストラリアに生息する「バンクシア」という植物は、山火事になることで子孫を残すことができる。

 

バンクシア(開花前)―花の日記より引用
バンクシア(開花前)―花の日記より引用

 

バンクシア(開花後)―花の日記より引用" width="550" height="367" /> バンクシア(開花後)―花の日記より引用
バンクシア(開花後)―花の日記より引用” width=”550″ height=”367″ /> バンクシア(開花後)―花の日記より引用

 

なぜバンクシアは山火事が起きてから種を落とすのかについては、山火事で周囲の植物が全滅し、ライバルがいない環境で有利に発芽するためといわれている。
また、バンクシアが多く分布する地域は山火事が多く、バンクシアが自らの摩擦により自然発火を引き起こしているという説もある。

 

リンク:バンクシア(Wikipedia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です