【今日のトリビア】チャド共和国とルーマニアの共通点は…

国同士には意外な共通点もあることが多いが、今回はその一例を紹介したいと思う。

チャド共和国は、アフリカ中央部の国である。

チャド共和国(Wikipedia)
チャド共和国(Wikipedia)

一方、ルーマニアは東ヨーロッパにある国である。

ルーマニア(Wikipedia)
ルーマニア(Wikipedia)

一見共通点のなさそうな国同士であるが、意外な共通点がある。
それは、両国のWikipediaのトップに書かれている。

チャド共和国(Wikipedia)
チャド共和国(Wikipedia)
ルーマニア(Wikipedia)
ルーマニア(Wikipedia)

そう、ほぼ国旗が同じなのである。(実際は青がルーマニアよりチャドの方が濃い)
なぜ歴史や文化が異なり、距離も離れている両国が同じ国旗になったのか…。

その理由は1989年に遡る。
1989年、ニコラエ・チャウシェスクの独裁政権がルーマニア革命によって打倒され民主化された際に、旧来の国旗から国章を取り除き、新しい国旗とした。
そのため、チャド共和国と同じ国旗になってしまったとのこと。

 

参考:ルーマニアの国旗

 

ちなみに、チャド共和国の首都はしりとりで大活躍の「ンジャメナ(N’Djamena)」である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です