【今日のトリビア】囲碁の白石と黒石は、大きさが違う

572394418998e4096c39b7ea6839a3c7_s

囲碁は自分の石で囲んだ領域の広さを争うボードゲームである。囲碁で使用する碁石は白と黒の2種類があり、白石が直径21.9mm(7分2厘)、黒石が直径22.2mm(7分3厘)となっている。

黒石のほうが大きい理由としては、白は膨張色のため人間には大きく見えることから、黒石を若干大きくすることで同じ大きさに見えるためとのこと。

石の大きさは白石が直径21.9mm(7分2厘)、黒石が直径22.2mm(7分3厘)。黒石のほうが若干大きくなっているのは、白が膨張色でやや大きく見えるためで、このように若干の差をつけることにより、人間の目にはほぼ同じ大きさであるように見える。

Wikipedia

  • このエントリーをはてなブックマークに追加