【今日のトリビア】イエス・キリストは、女性だった可能性がある

ba7747eb040f0f29c4049a5ee8e02a94_s

イエス・キリストはキリスト教においては神の子とされ、男性とされているのが一般的。
実はキリストが女性だったのではないかという説を、イギリスの生化学者であるアンソニー・ハリスが唱えている。

tsvhw

キリスト教カタリ派、フランスのヴィルヌーブ支部が発見し、キリストのものと主張している遺物「CAPUT LVIII」と表示された頭型の棺には、女性の頭蓋骨2片が入っていたとのこと。
さらに、キリストは身長約150cm程度で感情の起伏が激しく、出血がしやすかった。このことからアンソニー・ハリスは「キリストがターナー症候群を罹患していた」という説を唱えている。

ターナー症候群は、女性の先天性の病気であり、背が低く胸囲は広く乳房が発達しないことと、毛細血管が過成長することで出血しやすくなるとのこと。

Jesus was a woman
According to British biochemist Anthony Harris, who is formerly of Trinity College in Dublin, Ireland, and Kings College in London. The evidence, he says, lies in records dating back to the Inquisition.
According to the records, Harris explains, Cathar relics found in the preceptory of Villeneuve, France, included a hinged casket shaped like a woman’s head. Reportedly within the casket were two pieces of a female skull labeled CAPUT LVIII. The Cathari had claimed to possess Christ’s flesh and blood, and as far as Harris is concerned, Caput LVIII was the skull.
Harris wrote a book called The Sacred Virgin and the Holy Whore (Sphere Books, London). In it, he claims that Jesus – whom he calls Yeshu, a variation on Jesus’ Hebrew name – suffered from Turner’s syndrome, a form of degeneration of the gonads. Women with this condition are short, with wide chests but have undeveloped breasts and overgrowths of small blood vessels in the skin. An absence of menstrual bleeding is another symptom.
In her agony in Gethsemane, says Harris, Yeshu literally sweated blood. Because she knew she was about to be arrested and crucified, her capillaries burst under intense blood pressure, while the powerful beating of her heart and her high adrenaline levels combined to cause blood to flow.

Jehovahs-Witness

参考:The Sacred Virgin And The Holy Whore(Anthony J. Harris)

真偽は不明であるが、事実であれば世界に衝撃与えるに違いない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加