【今日のトリビア】世界史上最長の戦争期間は、2134年

efb6225c01c6ddf6988ca9def5df6f08_s

世界史上最長の戦争は、2000年以上続いたポエニ戦争といわれている。
ポエニ戦争は、紀元前264年から勃発した共和政ローマとカルタゴ間の戦争で、その目的はローマの長靴の先にあたる「シチリア島」をめぐるものであった。

イタリアとシチリア島(GoogleMAPより)

イタリアとシチリア島(GoogleMAPより)

なぜ2000年以上も戦争状態が続いたのだろうか。
ポエニ戦争は2度の停戦を挟み第一次から第三次まで行われている。
しかし、第三次の時点においてカルタゴは壊滅、軍と市民300000人のうち、250000人が死亡・50000人が奴隷となった。

既にカルタゴは完全に武装解除され丸裸同然の状態だったが、最後のローマの要求は拒否し、ローマ軍によるカルタゴ攻撃戦が始まった。これが第三次ポエニ戦争である。
開戦と同時に町は包囲されたが、紀元前149年に始まるこの包囲戦に、カルタゴは紀元前146年の春まで持ちこたえた。しかし、完全包囲下にあり、食料も他物資も補給のないカルタゴ側は次第に追い詰められ、最後は嵐も加勢し、スキピオ・アエミリアヌスによって町は陥落した。アエミリアヌスはかつて繁栄したカルタゴの町が陥落し炎上する光景を目にし、現在栄華を誇るローマもいつかは同じ運命を辿るであろうことを考え、歓喜ではなく悲嘆の心情を手記に記している。

Wikipedia

包囲戦の後半には多くのカルタゴ人が餓死した。さらに戦いの最後の6日間には、多くの戦死者が出た。戦後に残されたカルタゴ人の数は5万人で、戦前に比べるとわずかな数だったが、全て奴隷として売られることになった。

Wikipedia

戦争は紀元前146年に終結していたものの、終戦条約を公式に締結してはいなかった
そこで1985年、ローマとカルタゴの市長がカルタゴの遺跡の中で調印式を行った。

1985年1月、ローマ市長のユーゴ・ヴェテレとチュニス市長のチェドリー・クリビンは、2200年以上の時を経て、「公式に」終戦の条約に署名を取り交わした。

Wikipedia

調印式が行われたカルタゴの遺跡(REALM OF HISTORYより)

調印式が行われたカルタゴの遺跡(REALM OF HISTORYより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加