雑学・トリビア

【今日のトリビア】バントでホームランを打ったプロ野球選手がいる

投稿日:

01

バントは、野球における打撃技法のひとつであるが、普通は出塁している選手の進塁や、自身が一塁へ進出するために行われるのが通常である。

バントは、球の勢いを殺したゴロをできるだけ投手や内野手から離れた場所(たとえば投手・捕手の間のファウルラインぎりぎりのような場所)に転がし、打球処理の時間を稼ぐことによって進塁を目指すものである。

Wikipedia

たとえ内野安打となった場合であっても、一塁へ出塁することがせいぜいであるが、バントでホームベースまで進塁するランニングホームランを行ったプロ野球選手が存在する。

本塁打
打者が打った打球のうち、一度でも地面に落ちたフェアボールを守備側が失策を伴うことなく処理する間に、打者走者が本塁まで進塁した場合。これを特にランニングホームラン(走本)というが、記録上は上記1、2の本塁打と区別されない。

Wikipedia

昭和57年9月15日 後楽園球場 巨人 vs 中日 23回戦の1回裏巨人の攻撃、
中日先発 郭投手に対し、0アウト1・2塁の場面で篠塚選手の打順。

その2球目、篠塚選手は3塁ライン上に送りバント、この球をつかんだ
郭投手がサードに投げたところ、これが悪送球気味となり三塁手がエラー
外野に転々とした球をカバー捕球しようとした大島外野手がなんと
トンネル(2つ目のエラー)、これをカバーした別の外野手があわてて本塁へ
返球しましたが、中尾捕手がこれを取りそこね(3つ目のエラー)、
塁上のランナー含め、送りバントをした篠塚選手までが一気にホームイン
してしまいました。

ちなみに番組ではこのプレーについて、郭さんと大島さんに
このプレーについて改めてインタビューしたところ、両者ともに
”俺には責任はない。責任はヘマをした相手にある。”
と言い続けていました(笑)。特に大島さんはインタビュー時間の
間、7回も”郭が悪い。俺じゃない。”と言っていたそうです(笑)。

さらに篠塚さんにもプレーについて改めてインタビューしたところ、
”あの守備はプロとして恥ずかしいプレー。あってはならない
ことだと思う。”
と言っていたそうです。

Yahoo知恵袋

運がいいのか悪いのか、バントでホームランを達成した事例はこれ1度きりとのこと。
※注)記録上は1安打3エラーとのこと。情報ありがとうございます!

バントホームランといえば、有名なのがゲーム『燃えろ!!プロ野球』。
有名なバントでホームランを打つシーンがこちら。

 

 

-雑学・トリビア
-, ,

Copyright© 蒼のモノリス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.