【今日のトリビア】魚も溺れることがある

04a4b3ec71cb9b4d0175c1beea3ed167_s

魚といえば水中でエラ呼吸を行い、自由に泳ぎ回ることのできる生き物である。
信じられないことに、魚であっても水中で溺れてしまうケースがあるという。

溺れてしまう魚とは、回遊魚の一部であるマグロやカツオなどである。
なぜマグロやカツオは溺れてしまうのだろうか。

実際にどのような魚がおぼれるのかというと、マグロやカツオなどの回遊魚です。
回遊魚は高速で泳いでいる時にしかエラに水が上手く流れなくなり、上手く呼吸ができなくなるのです。
だから、これらの魚は睡眠時でも泳ぎ続けています。

うはん博士の雑学ブログ

【3】回遊魚は止まると死んでしまうの?

回遊魚は泳ぐのをやめると呼吸ができなくなって死んでしまうという話をよく聞きます。しかしそれは、マグロやカツオ、ブリ、アジ、カジキ、外洋性のサメやエイ等一部の限られた種類のみで、大多数の回遊魚は、泳ぐのをやめても呼吸ができます。

沖楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加