【今日のトリビア】「Google」は、誤字から生まれた

goo

世界で最もアクセス数の多いウェブサイトである「Google」は、1997年9月15日にドメインを登録した。
しかし、「Google」という名称は、実は誤字であったことはあまり知られていない。

当初、インターネット上に存在する多くの情報を組織化するという意味を込め、グーゴルプレックス(googolplex:10の10の100乗乗)という語を採用し、その短縮形である「googol.com」という名称でドメインを取得しようと試みた。
しかし、創業者のひとりであるラリー・ペイジが、ドメイン取得の際に綴りを間違え、「google.com」と申請してしまったため、以降「Google」という名称になったとのこと。

 

「Google」という名前は「googol(グーゴル)」という言葉の綴りまちがいに由来する。1997年にラリー・ペイジたちが新しい検索エンジンの名前を考えてドメイン名として登録した際、googol.comをgoogle.comと綴りまちがえたのがその起源と言われる。

Wikipedia

Origin of the name “Google”

From time to time I read or hear stories of the origin of the search engine and company name “Google” that are incorrect, which prompts me to write this brief account, based on my understanding of the genesis of the name. The source of my information is my friends and colleagues from Wing 3B of the Gates Computer Science Building at Stanford University, where Google was born.
In 1996, Larry Page and Sergey Brin called their initial search engine “BackRub,” named for its analysis of the web’s “back links.” Larry’s office was in room 360 of the Gates CS Building, which he shared with several other graduate students, including Sean Anderson, Tamara Munzner, and Lucas Pereira. In 1997, Larry and his officemates discussed a number of possible new names for the rapidly improving search technology. Sean recalls the final brainstorming session as occurring one day during September of that year.

Sean and Larry were in their office, using the whiteboard, trying to think up a good name – something that related to the indexing of an immense amount of data. Sean verbally suggested the word “googolplex,” and Larry responded verbally with the shortened form, “googol” (both words refer to specific large numbers). Sean was seated at his computer terminal, so he executed a search of the Internet domain name registry database to see if the newly suggested name was still available for registration and use. Sean is not an infallible speller, and he made the mistake of searching for the name spelled as “google.com,” which he found to be available. Larry liked the name, and within hours he took the step of registering the name “google.com” for himself and Sergey (the domain name registration record dates from September 15, 1997).

graphics.stanford.edu

(Yahoo翻訳)

名前「Google」の起源

時々、私は検索エンジンの起源の物語を読むか、聞きます、そして、会社は誤っている「Google」を挙げます。そして、それは私にこの簡潔な預金口座を書くことを促します。そして、名前の起源の私の理解に基づきます。 私の情報源はスタンフォード大学のゲイツ・コンピューターサイエンス・ビルの翼3Bからの私の友人と同僚です、そこで、Googleは生まれました。
1996年に、ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは彼らの最初の検索エンジンを「BackRub」と言いました。そして、ウェブの「関連を後退させる」その分析に任命され「ました」。 ラリーのオフィスは、ショーン・アンダーソン、タマラMunznerとルーカス・ペレイラを含むゲイツCSビル(それを彼は数人の他の大学院生と共有しました)の部屋360にありました。 1997年に、ラリーと彼のofficematesは、速くよくなっている検索テクノロジーのいくつかの可能性がある新しい名前を議論しました。 ショーンは、その年の9月の間にある日起こりながら、最後のブレーンストーミンングのセッションを思い出します。
ショーンとラリーはホワイトボードを使用して彼らのオフィスにいました。そして、信用 ― 莫大な量のデータのインデクシングに関するものだった何か ― を考え出そうとしました。 ショーンは「グーゴルプレックス」という語を言葉で提案しました、そして、ラリーは短縮形(「グーゴル」(両方の語は特定のかなりの数を指します))で言葉で応えました。 ショーンは彼のコンピュータ端末の席に着いたので、彼は新しく提案された名前がまだ登録と使用に使えたかどうか見るためにインターネット・ドメイン名レジストリデータベースの検索を実行しました。 ショーンは絶対確実なつづり手でありません、そして、彼は「google.com」としてつづられる名前を捜すという誤りをしました。そして、それが彼は利用できるとわかりました。 ラリーは名前が好きでした、そして、数時間のうちに、彼は自分自身で名前「google.com」を登録するステップとセルゲイ(1997年9月15日からのドメイン名登録基準日)を連れて行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です