雑学・トリビア

【今日のトリビア】スリッパは、日本生まれ

投稿日:

c896194c4bd19eb75d0a8af79994ba5f_s

屋内やトイレなどで多く使われているスリッパ。
実はスリッパが誕生したのは、日本である。

 

開国直後、日本には外国人が多く訪れるようになったが、外国人は屋内で靴を脱ぐ習慣がなかった。
そのため、旅館では外国人が靴のまま部屋まで上がってしまうことが多かったようだ。

そこで、靴の仕立て職人徳野利三郎が、現在のスリッパの原型を開発した。

開国により西洋人が多く日本に訪れるようになった明治初頭、室内で靴を脱ぐ習慣の無い西洋人が土足で屋内へ入り込む問題が発生し、それを解決するために仕立て職人である徳野利三郎が1907年(1876年という説もある)に発案した上履きが、現在のスリッパの原型であると言われている。当時は、靴の上から履くためのものだった。
スリッパという呼び名は、江戸末期にシーボルトが日本に伝えた「上沓(スリップルス)」から来ているという説がある。

Wikipedia

 

-雑学・トリビア

Copyright© 蒼のモノリス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.