【改造】ポケモン最新作サン・ムーンの改造方法まとめ

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

ついにポケットモンスター最新作であるサン・ムーンが発売となった。前作「オメガルビー・アルファサファイア」に引き続きニンテンドー3DSのソフトとして発売されたサン・ムーンは、前作から大幅なシステム変更やポケモン個体数が増えたこともあり、第7世代と呼ばれることになりそうだ。
前世代(XYやORAS)ではPKHeXというエディタを使用していた。(前世代の改造方法はこちら)今作もPKHeXが対応しており、実に簡単かつ自在な改造が可能となっている。
比較的リスクが低いとはいえ、絶対に安全とは保障できない。もし試したいという人は、あくまで自己責任にて試していただきたい。

(1/1更新)書き込めない等の不具合報告が複数寄せられている本記事の改造方法に代わり、動作が安定している書き込みソフトウェア「JK’s SaveManager」を使用する方法を紹介している新記事を更新した。以降初めて改造を行う人は、JK’s SaveManagerを使用する改造方法がおすすめ。

▼JK’s SaveManagerを使った新記事はこちら
【改造】ポケモンサン・ムーンの改造方法まとめ(JK’s SaveManager編)

サンムーン改造のための準備

早速ポケモン最新作サンムーンの改造方法を検証してみたいと思う。
まず、改造に必要なものを準備してみた。

改造準備ハードウェア編

当然のことだが、3DS本体は必須。new3DS/旧3DSのどちらでも構わない。2DSは未検証。
3DS本体に対してのリスクは少なく、今後のアップデートなどにも特に支障はないので安心してほしい。

改造にはインターネット接続されたパソコンと、3DS用セーブエディター2が必要。当然改造を行うにはソフトが必要であるが、パッケージ版でなければ改造が行えないので注意が必要。

また、今作ではまだセーブエディター2は対応していないそのため、時のオカリナ3Dを利用した時オカハックを検証する。

セーブエディター2の対応

セーブエディター2が対応したため、時のオカリナが不要になった。

詳しくは次の記事へ。
【改造】ポケモンサン・ムーンの改造方法まとめ(セーブエディター編)

※途中でうまく起動しない場合や、ファイルのリンク切れ、更新、その他不具合などがあれば、このページの下部にある【サン・ムーン情報提供フォーム】から情報の提供にご協力を!

必要なもの

お急ぎの方はAmazonプライム会員(1ヶ月間無料がおすすめ。

時のオカリナ ハッピープライス版について

時のオカリナはやや安価なハッピープライスセレクション(パッケージ版)でも大丈夫とのこと。

(情報提供:黒猫さん)2016.12.09

SDカードについて

SDカードはMicroSDでも成功事例有り。

(情報提供:ほしぐもさん他多数)2016.12.14

改造準備ソフトウェア編

改造には改造用のソフトも必要となる。

まず必要なのは3DS用セーブエディター2のクライアントソフトである。
すでにセーブエディターを導入済みの人は、飛ばして問題ない。

ダウンロード:セーブエディター2 クライアントソフト

それと、サンムーン対応のポケモンに特化した改造ソフトPKHeX、さらにソフトからセーブデータの吸い出しと書き込みを行う「HBL」を導入するために必要なソフトもダウンロードする必要がある。

ダウンロード:oot3dhax_make_07.zip
ダウンロード:starter.zip
ダウンロード:save_manager_(with_smdh).zip
ダウンロード:PKHeX (******).zip >Download this file からダウンロード

ダウンロード時、Google Chromeでファイルのダウンロード時に「不正なファイル」と判定されたときは

[すべてのダウンロードを表示]>[不正なファイルを復元]>[復元する]でダウンロードできる。
詳しくはこちらを参照

(情報提供:ナッシーさん)2016.12.04

VC版から移動させたポケモンの場合の注意点

ポケモン赤・緑・青・黄などのVC版から移動させたポケモンの場合、GBマークが付いているが、記事更新時点の最新版であるPKHeX (170128)以降でなければ対応していないため、注意が必要。

(情報提供:名無しのゴンベさん)2017.1.29

これらのソフトをすべてダウンロードして、解凍する。
解凍する場所はどこでも良いが、使い勝手の良い所に置いておくとこの後の作業がスムーズになる。

解凍が終われば、準備が完了する。

いよいよ改造開始!

1.時のオカリナへのHBL導入

この作業は初回のみ必要。本体アップデート後にもう一度改造が必要になるかもしれないが、記事製作時点では未検証。

開始時点で時のオカリナにセーブデータがない場合、適当なセーブ1に適当なセーブデータを用意する。万が一消えたら困るセーブデータがあったとしても、セーブエディターで復元できるので問題ない。

以降インターネット接続したパソコンでの作業となる。

セーブエディターのカートリッジに時のオカリナをセットし、セーブエディターを起動。

セーブエディターを起動。時のオカリナ3Dの表記が縮んでいるが、特に問題ない。

セーブエディターを起動。時のオカリナ3Dの表記が縮んでいるが、特に問題ない。

時のオカリナを選択し、バックアップを開始する。バックアップ名は適当に入力。
バックアップが完了したらセーブエディターを閉じておく。

次にoot3dhax_make_07.zipを解凍したフォルダにあるoot3dhax_make.exeを起動。

起動した画面。

起動した画面。

起動したらまず、※ oot3dhax_rawsaveimages_haxpayloads_09-15-16.zip を事前にダウンロードという青い文字の部分をクリックし、ファイルをダウンロードする。解凍は不要。

ダウンロードするとoot3dhax_make.exeが終了するので、oot3dhax_make.exeを再起動する。

haxpayloads読込をクリックして、先ほどダウンロードしたファイルを選択する。選択すると自動で展開され、oot3dhax_make.exeと同じフォルダにtempフォルダが追加される。

展開がうまくいかない場合は

oot3dhax_rawsaveimages_haxpayloads_09-15-16.zipをダウンロードして、haxpayloads読込ボタンを押してもうまく展開できないという報告有り。

その場合は、次の手順で手動による展開を行うと良い。

  1. oot3dhax_make.exeのあるフォルダに新しいフォルダを作り、名前をtempにする
  2. oot3dhax_rawsaveimages_haxpayloads_09-15-16.zipを解凍
  3. 解凍したoot3dhax_rawsaveimages_haxpayloads_09-15-16.zipの中にあるsaveimagesフォルダとsaveimages_powersavesフォルダを、先程作ったtempフォルダにコピーする。

haxpayloads読込は上記手順を自動化しているだけなので、その手順を行うことで問題なく続きの工程に進むことが可能。(成功報告有り)

(情報提供:OGGYさん)2016.12.09

次にファームのバージョンを選択する。
旧3DSはc2fe0090を選択することで成功したが、うまく行かないときは45fe0090を選択して再挑戦すると良いようだ。
そして、本体FWのバージョンを確認する。確認方法は3DSを起動して本体設定を選択し、右下に数値が出る。旧3DSはOLD、new3DSはNEWを選択。

今回は旧3DSを使用し、記事製作時点の最新FWであるVer11.2.0.35Jの場合、画像のように.の区切りに合わせてそれぞれ選択し、ファイルチェックをする。ファイルの存在が確認できればOK。

起動した画面。

ファームのバージョンを選択にある選択肢は、通常c2fe0090で良さそう。「.」の区切りに合わせてそれぞれ設定していく。

ファームのバージョンについて
new3DSLLでもc2fe0090で動作確認の情報有り。

(情報提供:ほしぐもさん)2016.12.14

仕上げにHBLセーブデータ作成をクリックして、終了をクリック。
そうすると、oot3dhax_make.exeと同じフォルダにAQEJ_2016-11-28 11-11-11.bakというファイルが生成されている。(日付部分は作成日)

そして、生成したAQEJ_2016-11-28 11-11-11.bakをドキュメント>3DSSaveBankへコピーする。

無関係な.bakファイルがたくさん並んでいる場合もあるが、とりあえずここにコピーしておけば問題ない。

無関係な.bakファイルがたくさん並んでいる場合もあるが、とりあえずここにコピーしておけば問題ない。

コピー後にセーブエディターを起動すると、HBL OLD 11.2.0.35Jという項目が追加されている。この項目名は先ほどoot3dhax_make.exeで選択した3DSFWのバージョンとなっている。
この項目を右クリックして、セーブデータのリストアを選択する。

セーブデータのリストア。

セーブデータのリストア。

自動で書き込みしてくれるので、完了したらセーブエディターを終了する。

セーブエディターの操作が終わったら、3DS内に入っているSDカードにファイルを追加する。
最初にダウンロードして解凍したstarter.zipの中身、3DSフォルダとboot.3dsxファイルをSDカードの中にコピーする。
※この作業を忘れると、次の工程で時のオカリナを起動しても、赤い画面で停止してしまう。

SDカード内部にコピーした場面。

SDカード内部にコピーした場面。

次に、save_manager_(with_smdh).zipを解凍したフォルダの中の3DSフォルダ内にあるsave_managerというフォルダをSDカード内の3DSフォルダの中にコピーする。

SDカード>3dsフォルダ内にsave_managerを入れた場面。

SDカード>3dsフォルダ内にsave_managerを入れた場面。

コピーが終わったら、SDカードを3DSに戻し、次の工程へ。


2.セーブデータバックアップ

※2回目以降はこの工程からスタート

ここからはインターネット環境がなくても改造は可能となる。ただし、パソコンは必要。
まず、先ほどセーブエディターで書き込んだ時のオカリナを、3DSで起動する。
ここでセーブデータが全て消される場合は、oot3dhax_make.exeのファームのバージョン(C2fe0090/45fe0090)を変える、または3DSの本体バージョンを再確認すると良い。

セーブデータ名がバグっているが、これで正常。失敗するとセーブデータは全消去となる。

セーブデータ名がバグっているが、これで正常。失敗するとセーブデータは全消去となる。

バグった表記のセーブデータを選択するとゲームが開始されるが、開始後にAボタンを押したまま、下画面が白くなったあたりでAボタンを離す
画面が何回か変わってthe homebrew launcher(HBL)が起動すれば成功。

HBL起動成功時の上画面。

HBL起動成功時の上画面。

HBL起動成功時の下画面。

HBL起動成功時の下画面。

うまくHBLが起動できないときは

時のオカリナのセーブデータを開いてもうまくHBLが起動できないという報告有り。oot3dhax_make.exeの設定をもう一度見直し、特にc2fe0090や45fe0090を選択し直したり、FWを最新に更新してからもう一度試したりなどの対応が有効。

(情報提供:秋山さん)2016.12.08

稀にすべて正しく設定していても黄色の画面で止まるケース有り。その場合は、3DSの電源を再起動し、リトライすることで成功する。赤い画面で止まる場合は、oot3dhax_make.exeの設定に誤りがある場合や、SDカードが入っていない場合、SDカード内にHBLを起動させるのに必要なファイルがない場合などが考えられる。

HBLがうまく起動したら、下の方にsave_managerというツールがあるため、これを起動する。

save_manager。分かりづらいが、少し左にズレているものが、現在選択している項目。

save_manager。分かりづらいが、少し左にズレているものが、現在選択している項目。

起動すると、上部に時のオカリナのアイコンが表示されている画面になる。

上部に時のオカリナのアイコンとソフトの英語名が。この画面のままロムを入れ替える。

上部に時のオカリナのアイコンとソフトの英語名が。この画面までたどり着ければ、改造成功は近い。

この画面で何も押さずに、時のオカリナを外してサンまたはムーンのロムに入れ替える。すると、上部にあった時のオカリナアイコンが、サンまたはムーンのアイコンに変わる。

ムーンに差し替えた場面。

ムーンに差し替えた場面。

アイコンが変わったことを確認してAボタン。すると、再度画面が何度か変わり、3行の英文が表示されている画面に。

moon98

A = Backup save data.(セーブデータのバックアップ)
B = Import save data.(セーブデータのインポート)
X = Exit.(終了)

Aボタンを押すと、セーブデータのバックアップがスタートする。バックアップが終わったら、Xボタンで終了する。
HBLは起動したまま、次の工程へ。次の工程からパソコンを再度使用する。


3.PKHeXによる改造

3DSからSDカードを抜き取り、パソコンに接続されたメディアリーダーに差し込む。

そして、最初に解凍したPKHeX (161206).zipの中にあるPKHeXを起動。(Microsoft .NET Framework 4が必要)

起動したらOptions>Laungageで日本語を選択。

以前はmainファイルを読み込む手間が必要だったが、今回のPKHeXは自動でmainファイルが反映されている。もし、ボックスや手持ちの中身が反映されていない場合は、ファイル>読み込み>SDカード>saveDataBackupフォルダ内にmainファイルが存在する。

ちなみに、このmainファイルをコピーして保管しておけば、バックアップも可能。セーブデータ破損やバグが怖い人は、mainファイルを保管しておこう。

▼PKHeXの使用方法について詳しく書いた記事はこちら。
【改造】サン・ムーン対応改造ソフトPKHeXの使い方まとめ

開いたところ。初回は英語表記だが、日本語表記に1度変更しておけば、以降日本語で表示される。

開いたところ。初回は英語表記だが、日本語表記に1度変更しておけば、以降日本語で表示される。日本語が縮んでいて読みにくいときは、設定>Unicodeのチェックを外してみよう。

ポケモンは802種全種、フォームや色違いもすべて作成可能なようだ。

ポケモンは802種全種、フォームや色違いもすべて作成可能なようだ。

個体値も自在に編集可能だが、個体値などを弄ったら「セット」を忘れずに行わなければ反映されない。

個体値も自在に編集可能だが、個体値などを弄ったら「セット」を忘れずに行わなければ反映されない。

アイテムを改造するときは右下のアイテムボタンから、ポケマメもPoke Beansから自由に改変可能。

アイテムの追加・数量変更も自在。今回はかいふくのクスリとふしぎなアメの2種類を99個に。たいせつなものやZクリスタルは変更しないほうが良さそうだ。

アイテムの追加・数量変更も自在。今回はかいふくのくすりとふしぎなアメの2種類を99個に。たいせつなものやZクリスタルは変更しないほうが良さそうだ。

好きなように改変したら、セーブデータを上書きする。
ファイル>保存SAVでmainファイルを保存する。保存場所はSDカードの同名のファイルに上書き

これでパソコンによる作業は終了し、3DSでの作業に戻る。


4.セーブデータのインポート

パソコンからSDカードを抜き取り、3DSにSDカードを差し込む。
※3DSのHBLを終了してしまった人は、再度HBLを起動しておく

HBLのsave_managerをふたたび起動。

ムーンに差し替えた場面。

サンまたはムーンのアイコンが表示されていることを確認して、Aボタン

moon98
3行の英文の画面で、Import save data.と書かれているBボタンを選択。先ほど上書きしたmainファイルが、ゲーム内に反映される。

完了したらXボタンでHBLに戻り、3DSの電源ボタンを押して3DSを終了。終了後に再度電源ボタンを押して3DSを再起動する。

リストアがうまく行かない場合は

Bボタンを押すと自動的にHBLに戻り、リストアが失敗する場合がある模様。同様の不具合が複数報告有り。

(12/9更新)同じSDカードに他のゲームのセーブデータバックアップがあると、正常にリストアできないという報告有り。SDカード内のほかのセーブデータバックアップを別の場所に移動し、ポケモンのバックアップのみにすることで正常にリストアが可能になるとのこと。(未検証・結果報告募集)

(情報提供:咲良さん)2016.12.09


(12/7更新)それでもうまくいかない場合、JK’s SaveManagerを使用することで書き込み可能なことを確認。

▼こちらの記事で詳細を掲載。
【改造】ポケモンサン・ムーンの改造方法まとめ(JK’s SaveManager編)

再起動後にゲームを通常通り始めて、先ほど改変したセーブデータが反映されていれば無事成功!

ゲームにて確認。ふしぎなアメが99個になっている。

ゲームにて確認。かいふくのくすりとふしぎなアメが99個になっていた。



セーブエディターが対応していない現段階では手間がかかり、セーブエディターの便利なオートセーブ機能が使えないなど不便ではあるが、それでも自在に改造することは可能なようだ。

mainファイルをコピーして保管しておけば、失敗してもリスクは少なく、気軽に挑戦することができる。セーブエディター対応前でも改造をしてみたい人は、ぜひ挑戦してみてほしい。
セーブエディターが対応すれば、より簡易的に改造が行えるので対応に期待したい。

ただし、オンライン上で改造ポケモンを使用した場合、アクセス制限や大会出場停止、法令違反など厳しいペナルティが課される可能性がある。

オンラインでの交換や対戦には決して使用せず、あくまで個人で楽しむ範囲で改造に挑戦してみてほしい。

↓改造に成功したらクリックにご協力を!
このエントリーをはてなブックマークに追加

【サン・ムーン情報提供フォーム】

本記事に関する情報提供はこちらから。いただいた情報は記事中に追加させていただく場合があります。

【ペンネーム】 (必須・ご紹介の際に公開の可能性有)

【メールアドレス】 (任意・非公開)

【管理人からのお返事】 (必須)
 必要(メールアドレス必須) 不要

【メッセージ本文】※質問の場合は具体的に書いてください

↓こちらもおすすめ
71wx2h-ugl-_sl1000_
3DS(new/LL兼用)アタッシェケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加