【宇宙】月で発見されたミイラ「モナリザ」隠蔽の真実とは

月で発見されたとされるミイラ「モナリザ」が話題になっている。

あるサイトによると、アポロ計画は17号でミッション終了したが、秘密裏に20号まで計画・実行されていたのだという。そのアポロ20号が月の裏側で発見したとされるのが、150万年前の宇宙船と「モナリザ」または「かぐや姫」と呼ばれるミイラであった。

元NASA職員ウィリアム・ラトリッジ氏が暴露したとされており、ミイラは165センチの女性、黒髪で指は6本あったという。

だいたいこういう話はガセであることが多い。しかし、日本のウェブサイト上ではそのようなガセ情報が出ていない。
もし事実だとすれば一大スクープ!ということで、より詳細を調べてみた。

アメリカの情報源を探る

より調べていくと、こんなサイトを発見した。

MONA LISA An Alien Space Ship on the Moon
http://www.viewzone2.com/monalisa.html

英語なので読むのが面倒な人は、写真だけでも見てほしい。
宇宙船の位置や写真などが詳細に書かれており、当時のビデオなども閲覧が可能だ。

そして、Wikipediaの存在も確認。

Apollo 20 hoax(Wikipedia)
https://en.wikipedia.org/wiki/Apollo_20_hoax

ここのYouTube videosの段に注目したところ、April Fool’s Dayというアヤシイ記述が……。

The first Apollo 20 videos appeared on YouTube on April Fool’s Day, a hint that the story was nothing more than an elaborate prank.

Wikipedia

さらに読むと、最悪の記述が……。

International Business Times writer Mary-Ann Russon has suggested the self-confessed perpetrator of the hoax is French videographer/artist Thierry Speth.

IBTimesのライター、メアリーアン・ロソンは、いたずらの犯人がフランスのビデオアーティスト/作家のティエリー・スペスであることを告白した。

Wikipedia

月で発見されたミイラはガセ

リアルなビデオや、リアルな資料、「NASAなら何か隠してるに違いない」といったイメージが、あたかもミイラが存在しているかのような記述になったに違いない。中には「月全体が人工物であることの証拠」と書かれたサイトまで存在するが、現在まで月に人工物が存在していた物証すら確認されていない。

日本のウェブサイトを頑張って探しても、ミイラ「モナリザ」が真実であるかのように書かれたウェブサイトしか見当たらなかった。

ちょっと調べればガセってわかるよ!みんな、ちょっとは疑おう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加